歴史で見る進化

タイ古式マッサージ

 マッサージの起源は古代ギリシャにさかのぼります。この時代すでにマッサージは行われており、お風呂文化も発達してたギリシャでは市民がマッサージを受けていました。  現代のマッサージの源流がヨーロッパフランスのものでこれは16世紀後半に現在のものと同じようなマッサージが確立しました。  それからさらに健康体操やリンパの流れの研究、美肌効果の研究など医学、科学のの進歩と同時にそれらをとりいれ現在の様々なマッサージになっています。  またヨーロッパ式のものだけでなくインドではアーユルベーダが朝鮮やタイなのでも王宮文化から広まっています。  現在では世界中に広まり、その土地の文化や風土に根ざしたものが行われているのです。

 これからは、さらに美容を追求したものが増えていくでしょう。  日本での美容意識の高まりはとどまることをしりません。化粧品のCMをテレビで見ない日は1日たりともないと思います。  これからはただ単に美容マッサージというだけでなく、医学的なものをとりいれたマッサージや、さらには化粧品会社とコラボレーションしたマッサージがより隆盛していくことでしょ。  またサラリーマン向けに、もっと気軽にさっと手軽にできる店がこれから増えていくことでしょ。地下鉄や鉄道の駅にお店ができ、特にクイックで30分くらいでできるものも増えていくのではないでしょうか。週1回は利用できるような低料金のものもこれからはますます増えていくでしょう。